蚊に刺され,対策

ブヨの腫れの対処法

ブヨの毒性は非常に強く、刺された場合は蚊やダニよりもはるかに赤く大きい腫れができてしまいます。今回はその腫れの対処法です。

 

まず最初に言っておくと市販の薬はほとんど効きません。私も対策を知らない頃に刺された時はムヒや様々な塗り薬を試しましたが、ほとんど腫れはおさまりませんでした。

 

病院に行く

これが一番確実で根治も早い方法です。病院の皮膚科できちんと処方してもらう薬は普通に効き目がありますので、毎日塗っていれば治ります。

 

またせっかく薬をぬっても掻いてしまったら治るのが遅くなります。寝ている時は無意識に掻いてしまうかもしれないので、包帯やガーゼ、絆創膏で患部を隠しておきましょう。

 

外気に触れさせないことで痒みを抑える効果もあります。

 

熱湯をかける

これは根治は保障しませんが、一定の効果があるといわれる方法です。45℃〜50℃くらいの熱湯を患部にかければ毒素であるたんぱく質が分解され、かゆみや痛みがやわらぎます。

 

我慢できるギリギリの温度でかける、というのを複数回くりかえしてください。まあ応急処置みたいなもので6〜10時間くらいでかゆみは戻ってきますが、これを腫れがひくまで繰り返して治したという人もいます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

キャンプの時のブヨ対策まとめ
ブヨはキャンプのスポットとなる清流沿いにたくさん生息しています。その為キャンプではブヨの被害に合う人がたくさんいますね。
ブヨが家に侵入しない為の対策
害虫として最高に厄介な存在であるブヨ。刺されると蚊どころではない痒み・痛みが襲ってくる上、最悪発熱や頭痛にもつながります。今回はそんなブヨが家に侵入しない為の対策を紹介します。
ブヨに刺された患部に熱湯をかけると・・・
いちおう治療法というか、応急処置として「熱湯療法」があります。50℃くらいの高温のお湯を患部にかけて、痛み・痒みをやわらげる方法です。
ブヨに刺された時の治療法 市販薬は効くの?
キャンプ場やゴルフ場などアウトドアな活動中によく出くわし被害をくれるブヨ。奴らに刺されたら痛みやかゆみ、症状は蚊の比ではありません。 噛み切った傷口から強烈な毒素を流し込むので患部はパンパンに張れますし、熱を持ちます。
ブヨに刺されて発熱や頭痛を発症した時の治療法
ブヨの毒性は害虫の中でも群を抜いて高いため、刺された場合患部が化膿したり、出血を伴うこともあります。そして厄介なのが患部が熱をもつため発熱や頭痛に繋がることもあるということです。もしもブヨに刺されて発熱や頭痛を発症してしまった時はどのように対処すればいいのでしょうか。
ブヨに蚊取り線香って効果あるの?
害虫駆除には蚊取り線香というのは日本の常識になっていますが、はたして毒性が極めて高いブヨに蚊取り線香は効果があるのでしょうか。
ブヨの毒の成分を抜き出す方法
ブヨの毒の成分は非常に強く、刺されてしばらくしたら患部は赤くパンパンに腫れていきます。毒が浸透する前に抜き出すことをおすすめします。
ブヨの駆除・退治方法 ムヒは効かない・・・
ブヨも蚊やダニといった吸血系の害虫なのですが、その毒性は群を抜いています。刺されれば患部がパンパンに腫れるだけでなく、化膿・出血、発熱、頭痛といった症状は発症します。こんなつらい思いをする前に退治しておくことをおすすめ致します。
ブヨよけ薬にはハッカスプレーが効果的!作り方も紹介
ブヨって蚊取り線香とか、普通の虫除けスプレーはなかなか効かないくせにハッカ油はとても効果的なのです。
蚊とブヨの症状の違い
ブヨと蚊は同じ吸血する虫ですがかなり違います。何が違うかというと人間に対する害のレベルです。今回は蚊とブヨの違いを徹底的に解説していきます。