蚊に刺され,対策

ボウフラの発生時期は?

蚊の幼虫であるボウフラはどの時期に最も繁殖するのでしょうか。

 

ボウフラの発生時期

ボウフラというのは蚊の幼虫なわけですから、発生時期はほぼ重なります。つまり6月〜9月の温かい時期がもっともボウフラが繁殖しやすい時期です。

 

この時期は雨が多く、蚊がもっとも活発に活動できる温度なのであらゆる場所で蚊は卵をうみます。

 

そして卵が孵化してボウフラになるまでは大体3日くらいと早いですね。

 

ボウフラ・蚊の発生時期が早まっている?

ただ発生時期に関しては何か最近(今2015年)早まっているらしいですね。ここ30年、20年前よりあきらかに蚊が見られる時期が早まっているみたいですよ。

 

温暖化の影響もあるといわれており、このままいけば蚊が夏のものだけといえなくなる可能性もあるそうです。

 

蚊が年中いる状態というのは結構恐ろしいことです。蚊というのはウイルスを媒介します。

 

実際
・デング熱
・黄熱
・マラリア
・日本脳炎
といった恐ろしい病気は蚊を媒介して感染していく病気です。蚊が活発に活動する時期が拡大していくというのはこういった病気にかかるリスクが増えていくということです。やっぱり温暖化って怖いですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ボウフラが蚊になるまでどれくらいの期間がある?
ボウフラが蚊の前の段階というのは殆どの人が知っていることかと思います。 ですがボウフラがどうやって発生して、卵から成虫の蚊になるまでにどれくらいの期間があるのかというのは知らない人も多いのではないでしょうか。 ですがこれは蚊対策を考える上で結構大切な情報だったりします。
ボウフラの発生条件 大量発生を防ぐには
ボウフラは蚊の幼虫です。ボウフラを制するものは蚊をも制する。まずはボウフラの発生の原因を潰しておくことが最高の蚊よけ対策になります。
ボウフラを餌として食べる魚一覧 金魚・メダカ・フナ
庭やベランダに水亀など水が貯まるものを置いていると、ボウフラがわいてきて蚊の大量発生に繋がります。 ボウフラは蚊になる前に駆除することが望ましいのですが、その方法としてメダカや金魚などのボウフラの天敵を入れておくのがとても効果的です。
ボウフラ退治には銅が有効?
ボウフラは蚊の幼虫なわけですから、ボウフラの段階で退治しておくにこしたことはありません。今回は銅を使ったボウフラの退治方法を紹介します。
ボウフラ退治の方法まとめ
夏の厄介な存在蚊へと変貌を遂げるボウフラの退治方法まとめておきます。
ヤブ蚊のボウフラが育つ場所は?
6月〜9月の時期には庭やベランダに出るとかなりの確率で蚊がいますよね。この蚊がいったいどこからきたのか・・・。どこで卵をうみ、ボウフラとなり育っているのか気になりますよね。
排水溝のボウフラ退治
庭やベランダの排水溝やマンホールにボウフラが繁殖して蚊の大量発生の原因になってしまっているご家庭も少なくないでしょう。 マンホールや排水溝があればかならず雨水などが貯まってしまいます。容器などのように撤去できるものならともかくこういったものは撤去しようがないから困ります。