蚊に刺され,対策

ボウフラ退治には銅が有効?

ボウフラは蚊の幼虫なわけですから、ボウフラの段階で退治しておくにこしたことはありません。今回は銅を使ったボウフラの退治方法を紹介します。

 

10円玉でボウフラの発生を防げる!?

庭やベランダにおける水が貯まる場所って色々あると思います。植木鉢だとか使ってない水槽だとか。

 

水の貯まる場所は出来れば撤去しておくのが望ましいのですが、全てをとっぱらうというのは現実的に難しいですよね。

 

そこでおすすめなのが水たまりに10円玉を入れる方法です。別に10円玉である必要はありません。銅製品ならばなんでもOKです。

 

銅の持つ銅イオンの効果はボウフラに致命的なダメージを与えます。その為ボウフラの発生を防げるというわけなのです。

 

どのくらいの銅が必要なの?

必要となる銅の数についてですが、目安としては1リットルあたり20枚で完全に駆除することができます。

 

お金がもったいないと思うかもしれませんがまあ200円でボウフラの退治を買うと考えれば安いものです。

 

どうしても嫌なら別の銅製品を使えば良いですが、それを買うのにどうせお金を使うので、やっぱり10円玉で良いと思います(笑)

<スポンサーリンク>

関連ページ

ボウフラが蚊になるまでどれくらいの期間がある?
ボウフラが蚊の前の段階というのは殆どの人が知っていることかと思います。 ですがボウフラがどうやって発生して、卵から成虫の蚊になるまでにどれくらいの期間があるのかというのは知らない人も多いのではないでしょうか。 ですがこれは蚊対策を考える上で結構大切な情報だったりします。
ボウフラの発生時期は?
蚊の幼虫であるボウフラはどの時期に最も繁殖するのでしょうか。
ボウフラの発生条件 大量発生を防ぐには
ボウフラは蚊の幼虫です。ボウフラを制するものは蚊をも制する。まずはボウフラの発生の原因を潰しておくことが最高の蚊よけ対策になります。
ボウフラを餌として食べる魚一覧 金魚・メダカ・フナ
庭やベランダに水亀など水が貯まるものを置いていると、ボウフラがわいてきて蚊の大量発生に繋がります。 ボウフラは蚊になる前に駆除することが望ましいのですが、その方法としてメダカや金魚などのボウフラの天敵を入れておくのがとても効果的です。
ボウフラ退治の方法まとめ
夏の厄介な存在蚊へと変貌を遂げるボウフラの退治方法まとめておきます。
ヤブ蚊のボウフラが育つ場所は?
6月〜9月の時期には庭やベランダに出るとかなりの確率で蚊がいますよね。この蚊がいったいどこからきたのか・・・。どこで卵をうみ、ボウフラとなり育っているのか気になりますよね。
排水溝のボウフラ退治
庭やベランダの排水溝やマンホールにボウフラが繁殖して蚊の大量発生の原因になってしまっているご家庭も少なくないでしょう。 マンホールや排水溝があればかならず雨水などが貯まってしまいます。容器などのように撤去できるものならともかくこういったものは撤去しようがないから困ります。