蚊に刺され,対策

ボウフラ退治の方法まとめ

夏の厄介な存在蚊へと変貌を遂げるボウフラの退治方法まとめておきます。

 

ボウフラ退治のやり方まとめ

▼ボウフラの発生源である水たまりをなくそう。未使用のタイヤ、植木鉢の受け皿、使っていない水槽、窪みや空き缶などなど。

 

 

▼どうしても撤去ができない水たまりにはメダカや金魚を放しておく。

 

 

▼プールなどに使う塩素や、農協で販売しているサラシ粉を流し込む。悪臭も消えて一石二鳥。

 

 

▼あえてボウフラが住みやすい水がたまった容器をいれておき、後日ボウフラがいることが確認できたら水を捨てる。これを繰り返すと蚊が減っていく。

 

 

▼10円玉をいれておく。1リットルごとに20枚でほぼ全てのボウフラを駆除可能。

 

ボウフラは蚊のいわば幼虫の状態です。

 

全身を使って棒をふるように泳ぐことからボウフラと言われています。正直見た目は気持ち悪いです。

 

ボウフラは環境の変化にはあまり強くないので、水質がかわったり、水がなくなったりすると大抵死滅します。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ボウフラが蚊になるまでどれくらいの期間がある?
ボウフラが蚊の前の段階というのは殆どの人が知っていることかと思います。 ですがボウフラがどうやって発生して、卵から成虫の蚊になるまでにどれくらいの期間があるのかというのは知らない人も多いのではないでしょうか。 ですがこれは蚊対策を考える上で結構大切な情報だったりします。
ボウフラの発生時期は?
蚊の幼虫であるボウフラはどの時期に最も繁殖するのでしょうか。
ボウフラの発生条件 大量発生を防ぐには
ボウフラは蚊の幼虫です。ボウフラを制するものは蚊をも制する。まずはボウフラの発生の原因を潰しておくことが最高の蚊よけ対策になります。
ボウフラを餌として食べる魚一覧 金魚・メダカ・フナ
庭やベランダに水亀など水が貯まるものを置いていると、ボウフラがわいてきて蚊の大量発生に繋がります。 ボウフラは蚊になる前に駆除することが望ましいのですが、その方法としてメダカや金魚などのボウフラの天敵を入れておくのがとても効果的です。
ボウフラ退治には銅が有効?
ボウフラは蚊の幼虫なわけですから、ボウフラの段階で退治しておくにこしたことはありません。今回は銅を使ったボウフラの退治方法を紹介します。
ヤブ蚊のボウフラが育つ場所は?
6月〜9月の時期には庭やベランダに出るとかなりの確率で蚊がいますよね。この蚊がいったいどこからきたのか・・・。どこで卵をうみ、ボウフラとなり育っているのか気になりますよね。
排水溝のボウフラ退治
庭やベランダの排水溝やマンホールにボウフラが繁殖して蚊の大量発生の原因になってしまっているご家庭も少なくないでしょう。 マンホールや排水溝があればかならず雨水などが貯まってしまいます。容器などのように撤去できるものならともかくこういったものは撤去しようがないから困ります。