蚊に刺され,対策

ボウフラが蚊になるまでどれくらいの期間がある?

ボウフラが蚊の前の段階というのは殆どの人が知っていることかと思います。

 

ですがボウフラがどうやって発生して、卵から成虫の蚊になるまでにどれくらいの期間があるのかというのは知らない人も多いのではないでしょうか。

 

ですがこれは蚊対策を考える上で結構大切な情報だったりします。

 

蚊の成長過程

蚊が卵から成虫になるまでの過程は、蝶と変わりません。

 



ボウフラ

さなぎ

成虫

 

という順番です。

 

この期間はやく10日から15日くらいです。つまりボウフラの卵を見つけてから2週間程度放置してたら蚊が生まれてしまいます。

 

卵は水面近くの側壁にびっしりついていることが多いです。もしも庭やベランダに古タイヤや空き瓶、空き缶、植木鉢の水受け、側溝やマンホールなどがあったら卵がないか確認してみてください。

 

ボウフラが蚊になるまで

卵は2~3日で孵りボウフラになります。まあ普通はこの段階で気がつくことが多いですよね。そして7~10日でさなぎになり、さなぎになってから3~5日もすれば成虫である蚊になります。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ボウフラの発生時期は?
蚊の幼虫であるボウフラはどの時期に最も繁殖するのでしょうか。
ボウフラの発生条件 大量発生を防ぐには
ボウフラは蚊の幼虫です。ボウフラを制するものは蚊をも制する。まずはボウフラの発生の原因を潰しておくことが最高の蚊よけ対策になります。
ボウフラを餌として食べる魚一覧 金魚・メダカ・フナ
庭やベランダに水亀など水が貯まるものを置いていると、ボウフラがわいてきて蚊の大量発生に繋がります。 ボウフラは蚊になる前に駆除することが望ましいのですが、その方法としてメダカや金魚などのボウフラの天敵を入れておくのがとても効果的です。
ボウフラ退治には銅が有効?
ボウフラは蚊の幼虫なわけですから、ボウフラの段階で退治しておくにこしたことはありません。今回は銅を使ったボウフラの退治方法を紹介します。
ボウフラ退治の方法まとめ
夏の厄介な存在蚊へと変貌を遂げるボウフラの退治方法まとめておきます。
ヤブ蚊のボウフラが育つ場所は?
6月〜9月の時期には庭やベランダに出るとかなりの確率で蚊がいますよね。この蚊がいったいどこからきたのか・・・。どこで卵をうみ、ボウフラとなり育っているのか気になりますよね。
排水溝のボウフラ退治
庭やベランダの排水溝やマンホールにボウフラが繁殖して蚊の大量発生の原因になってしまっているご家庭も少なくないでしょう。 マンホールや排水溝があればかならず雨水などが貯まってしまいます。容器などのように撤去できるものならともかくこういったものは撤去しようがないから困ります。