蚊に刺され,対策

蚊に刺されのぶりかえすかゆみの原因

蚊に刺された直後はとくに何もないのだけど、数時間、数日後に起こるかゆみは「遅発型」のかゆみです。いわゆる「ぶりかえすかゆみ」です。

 

遅発型と即時型の違い

「遅発型」のぶりかえすかゆみは刺された直後からおころ「即時型」のかゆみよりも症状が強く、長引く傾向にあります。

 

そして遅発型のかゆみは1週間くらい断続的にぶり返します。

 

しばらくは引かないかゆみに集中力を奪われたり、イライラすることになるかもしれません。

 

治っても跡がしばらく残る可能性もありますね。

 

ぶりかえすかゆみが頻発する傾向の人は体質によるところが大きいようです。

 

また幼い子供は遅発性のかゆみを発症しやすい傾向にありますね。

 

ぶりかえすかゆみを抑えるには

ここで大事なのはとにかく「掻かないこと」です。

 

掻くとアレルギー反応が助長されてかゆみが増すばかりです。治りも遅くなりますので痒いときは以下の方法をとります。
・保冷剤をあてる
・50℃くらいのお湯をかける
・塩を揉みこむ
・レモンの汁を塗る
これらはかゆみを治療する方法ではありませんが、数時間くらいはかゆみをおさえてくれます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

虫刺されが治らない場合の対処法
蚊に刺され、虫刺されのかゆみがなかなか引いてくれない、治らないという人へ早期治療のアドバイスです。
蚊に刺されで感染するデング熱の症状や治療法
蚊に刺されから感染することで知られるデング熱の症状や治療法についてまとめました。
蚊に刺されの箇所が化膿した場合の治療法
蚊に刺されで化膿してしまった場合の対処法を解説します。
蚊に刺されの箇所にお湯をかけると毒素が抜けるって本当?
蚊に刺された箇所に45〜50℃くらいのお湯をかけるとかゆみがなくなる。こういった情報がネット上には流れています。今回はこの情報の真偽についてお話しています。
蚊に刺されの箇所を掻くと腫れる理由
虫刺されの箇所を掻きむしると赤くパンパンに腫れるわけを解説しています。
蚊のかゆみの成分
蚊のかゆみの成分について解説しています。かゆみや腫れを起こすのは一体どんな成分の仕業なのでしょうか。
蚊の痒みを抑える方法まとめ
蚊に刺された時に正しい対処法を知っているか否かで、完治までの時間に差がでてきます。知らずにただ痒くなったら掻いていたのでは、かゆみも腫れも一向に引いてくれないでしょう。かゆみを解消・もしくはマシにするための方法を紹介します。
赤ちゃんが蚊に刺された時の対処法
まだ0〜3歳の子供、赤ちゃんが蚊に刺された時の対処法を紹介しています。
赤ちゃんの蚊に刺されが中々治らない場合の対処法
生まれてまもない数カ月の赤ちゃんが蚊にさされて、その腫れがなかなか治らないと心配になってきますよね。今回は赤ちゃんの蚊に刺されが長引いてしまう場合の対処法について解説しています。