蚊に刺され,対策

蚊が嫌がる音・周波数って?

蚊が嫌がる音、周波数について詳しく解説しています。

 

蚊が嫌う音周波数

蚊が嫌がる周波数というのをご存じでしょうか。メスの蚊はオスの羽音を嫌います。生物学上基本的にメスはオスを避けるのです。

 

そしてメスがオスの羽音と間違い嫌うとされている周波数は

 

・6000Hz~9000Hz
・16000Hz〜18000Hz

 

の範囲となっています。その為この周波数帯の音を発するアプリというのは
「蚊よけアプリ」
「蚊とり線香アプリ」
「蚊撃退アプリ」
などと呼ばれています。・・・効果は微妙らしいです。

 

モスキートーン(モスキート音)とは

モスキート音は周波数の関係である程度年齢のいった人には聞こえにくくなる音のことです。

 

これはお店の前にたむろする若者の撃退にもつかわれている音で、大体17000Hzくらいの周波数帯が使われています。

 

若いうちは20000Hzくらいまでは聞き取れるのですが、30代に入ると17000Hz付近の周波数帯は聞き取れなくなるそうです。

 

蚊の羽音も30代を過ぎると聞こえなくなるの?

モスキート音はその音が蚊の羽音と酷似しているという意味でこのように呼ばれているだけであって、蚊の羽音とまったく同じ周波数帯というわけではありません。

 

蚊の羽音は実際は350Hz~600Hz程度なので年をとっても普通に聞こえます。良いことなのか悪いことなのか・・・。

<スポンサーリンク>

関連ページ

人間が蚊の音で起きるワケ
蚊のプーンという音。音量としては本当に小さな小さな音ですよね。ですがこの音は目覚まし時計よりも、目覚ましの効果がある気がします。目ざまし時計は「うるさくて起きる」、ですが蚊の羽音に関しては「気持ち悪くて起きる」感じですよね。
蚊が最も活発に活動する時間帯
蚊の活動が活発な時間帯や、逆に活動が鈍る時間帯というのがあるのか、というのは蚊対策をする上で知っておいて損はない情報です。
蚊って冬はどうしてるの?
素朴な疑問として「蚊って冬はどうしてるんだろう?」と考えた人は少なくないのではないでしょうか。確かに夏にあれだけうっとうしい思いをさせられた存在は冬になるとぱたりといなくなります。今回は蚊の冬越しについて詳しく解説しています。
蚊の活動時期・季節はいつからいつまで?
蚊の活動温度としては22度〜31度くらいが適温だといわれています。 蚊の吸血が最も盛んになるのが26度〜31度くらいだといわれています。逆に35度を超えるような猛暑の場合は陰でじっとして活動を停止しています。