蚊に刺され,対策

蚊って冬はどうしてるの?

素朴な疑問として「蚊って冬はどうしてるんだろう?」と考えた人は少なくないのではないでしょうか。確かに夏にあれだけうっとうしい思いをさせられた存在は冬になるとぱたりといなくなります。今回は蚊の冬越しについて詳しく解説しています。

 

蚊の活動する温度の限界

蚊はもともと亜熱帯や熱帯地域に多く生息する生物です。なので基本暑い地域に適応した虫といえますね。

 

なので活動が活発になるのは26度〜31度くらいだといわれています。

 

蚊の成虫の越冬

多くの蚊は成虫の状態で越冬します。屋内に住みついている蚊は押し入れやクローゼットなどに身を隠しますし、屋外の蚊は洞穴などで越冬します。

 

アカイエカやチカイエカのようなイエカ属は寿命が6カ月近くありますので越冬することは多いです。

 

卵の状態で越冬

ヒトスジシマカのように卵の状態で越冬する個体もいます。水中ですごし、乾燥に耐えながら孵化の時を待っています。

 

蚊は冬には生息していない・・・という認識の人って結構多いと思うのですが、実は蚊は年中いるのです。単に活動をしていないだけで・・・。

<スポンサーリンク>

関連ページ

人間が蚊の音で起きるワケ
蚊のプーンという音。音量としては本当に小さな小さな音ですよね。ですがこの音は目覚まし時計よりも、目覚ましの効果がある気がします。目ざまし時計は「うるさくて起きる」、ですが蚊の羽音に関しては「気持ち悪くて起きる」感じですよね。
蚊が嫌がる音・周波数って?
蚊が嫌がる音、周波数について詳しく解説しています。
蚊が最も活発に活動する時間帯
蚊の活動が活発な時間帯や、逆に活動が鈍る時間帯というのがあるのか、というのは蚊対策をする上で知っておいて損はない情報です。
蚊の活動時期・季節はいつからいつまで?
蚊の活動温度としては22度〜31度くらいが適温だといわれています。 蚊の吸血が最も盛んになるのが26度〜31度くらいだといわれています。逆に35度を超えるような猛暑の場合は陰でじっとして活動を停止しています。