蚊に刺され,対策

蚊の活動時期・季節はいつからいつまで?

蚊の活動温度としては22度〜31度くらいが適温だといわれています。

 

蚊の吸血が最も盛んになるのが26度〜31度くらいだといわれています。逆に35度を超えるような猛暑の場合は陰でじっとして活動を停止しています。

 

蚊の活動時期はいつから?

蚊というと夏のイメージが強いですが、夏だけでなく4月中旬から11月中旬くらいまでは蚊が活発に活動します。

 

つまり春でも秋でも蚊に刺される可能性は十分あるということです。

 

僕が蚊の活動時期について気になって調べたきっかけは秋の季節に刺されたことからです。

 

また冬は活動が殆ど見られない期間ではありますが、環境が整っていれば冬であろうと繁殖し活動することは可能です。

 

まあでもやはり最も活動が活発になるのは夏です。

 

蚊の越冬について

蚊の越冬の仕方は種類によってことなります。まあ日本で人の血を吸う蚊といえばヤブカ属とイエカ属に分類されます。

 

ヤブカ属は卵で越冬しますが、イエカ属は成虫のまま越冬します。その為冬であっても温かい屋内に侵入すれば普通に活動しますし、人の血も吸います。

 

昔はエアコンも空調もなかったので、冬になれば蚊は息をひそめたのですが、今は冬でも活動できる環境が整っているのです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

人間が蚊の音で起きるワケ
蚊のプーンという音。音量としては本当に小さな小さな音ですよね。ですがこの音は目覚まし時計よりも、目覚ましの効果がある気がします。目ざまし時計は「うるさくて起きる」、ですが蚊の羽音に関しては「気持ち悪くて起きる」感じですよね。
蚊が嫌がる音・周波数って?
蚊が嫌がる音、周波数について詳しく解説しています。
蚊が最も活発に活動する時間帯
蚊の活動が活発な時間帯や、逆に活動が鈍る時間帯というのがあるのか、というのは蚊対策をする上で知っておいて損はない情報です。
蚊って冬はどうしてるの?
素朴な疑問として「蚊って冬はどうしてるんだろう?」と考えた人は少なくないのではないでしょうか。確かに夏にあれだけうっとうしい思いをさせられた存在は冬になるとぱたりといなくなります。今回は蚊の冬越しについて詳しく解説しています。